光や風圧を利用した害獣を寄せ付けないノウハウ

害虫の増える季節

古い木造の家

樹木に付く害虫の種類について

庭の樹木を管理していると、虫に食われた葉や樹木を一度は目にした事があると思います。気候が暖かくなってくると、多くの害虫が発生し、害虫駆除が必要となってくるのです。害虫には様々な種類が存在します。よく聞くのは、チャドクガという毛虫が有名ですね。葉や茎を食べて成長する害虫です。チャドクガに刺されると、腫れ上がり、痛みも伴います。アブラムシも有名な害虫の一つですね。アブラムシは、葉や茎に寄生し、ウイルスを媒介する事で、樹木にすす病を誘発する害虫です。カイガラムシもよく聞く害虫の一つでしょう。カイガラムシは、幹や枝に寄生し、泡のような症状が特徴です。幹や枝から養分を吸い取り、樹木を弱らせる害虫です。この害虫駆除は、ブラシを用いて擦り落とす方法が、用いられます。いずれの害虫も、樹木が弱る前に、早急な害虫駆除が望ましいとされています。

ケースに応じた薬剤散布を

害虫駆除には、薬剤の散布を行う事が非常に効果的です。薬剤を散布する事で、害虫を直接駆除する事が出来ます。しかし、害虫によっては免疫の強い害虫も存在し、なかなか駆除出来ない害虫も存在するのです。どういう事かと言いますと、同じ薬剤をずっと使用すると、害虫もその薬剤に慣れてきてしまい、駆除出来にくくなるのです。人間と同じで、害虫にも免疫が出来る訳です。この事から、数回毎に薬剤を変えて散布すると駆除効果が上がります。薬剤にも、多くの種類があります。害虫や散布する環境によって薬剤を変える必要があるのです。薬剤散布は、害虫駆除以外にも効果を発揮します。それは、害虫の予防にもなるのです。特に、害虫の出にくい冬場には、マシン油と呼ばれる油を撒く事で、樹木を害虫から守る事が出来るのです。このように、そのケースに応じた薬剤散布を行う事で、より効果的に威力を発揮するのです。